2013年12月30日

瀬戸芸の旅の思い出B

直島のつつじ荘で迎えた朝。
今にも泣きそうな空だったけど、瀬戸内の海の音とにおいを感じながら黄色いかぼちゃまでお散歩♪
ひとがいない朝のお散歩大好き(*´ω`*)


Camely_20130902_074936.jpg



相棒ちゃんは朝イチで小豆島に渡ると言って出発していきました、よい旅をー!
わたしはひとり食堂で朝ごはんレストラン
配膳してくれるおばちゃんふたり、そして、前日の夜のお散歩中に立ち話(立ち話なのに20分くらいwwwした守衛?のおじちゃまと楽しくおしゃべりしながら♪
直島のひとはみんな本当に親切でおしゃべり大好き(笑)
色々聞いてるとほんとに過ごしやすくて豊かでいい島なんだなぁ、移住したくなっちゃった(*ノε` )σ


DSC_1639.JPG



このあとはどうしようかぁ。ってずっと悩んでたんだけど、決めた!わたし、豊島に行く(。・∀・)ノ゛
行ってくるねー!また来るからねー!とつつじ荘のおじちゃまとおばちゃまに挨拶をしてバスの乗り込む!
豊島に旅立つ前に宮浦に行き、赤いかぼちゃとIハート(トランプ)湯をもう一度ゆっくり鑑賞
昨日で瀬戸芸夏会期もおわり、片付けが始まってて、ひとも少ないし、さみしいな。
でもかぼちゃひとり占めだな゜+。(。・艸・。)゜+。


DSC_1652_2.jpg

DSC_1657_2.jpg



それから本村に戻り、家プロの一環だったのれんと屋号表札をゆっくり鑑賞
ひとつひとつ微妙に違うの、かわいい★
昨日までの混雑が嘘みたいに静まり返った町はなんだか心地よかったな。


photoshake_1378086477926.jpg



そして、お昼前のフェリーに乗り込みいざ豊島へ船
天気予報は☂だったけど着いた途端に晴れてきて暑いあせあせ(飛び散る汗)
まずは腹ごしらえ、バスの乗り込み「島キッチン」へ
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370103/37005972/

古民家風な空間、お外ではお昼寝する学生風の若者たち、のどかだな〜★
オーダーしたのは日替わり定食の鰆のベトナム風ソースがけ、お野菜の天ぷらがいっぱい添えられていました。
お米もお野菜も島で採れたんだって♪それがめっちゃ甘くておいしかった!
特に感動したのがたまねぎのスープ、冷製なんだけど旨みがしっかり出てて甘くて、おかわりしたいぐらいだったけどやめておきましたw
これで1,500円はちょっと高いかな?って思ったけど、丁寧な接客で気持ちよかったのでよしとします(笑)


Camely_20130902_150612.jpg



お腹いっぱいになったところで、でっかい荷物を抱えたまま歩いて豊島美術館くつくつ
瀬戸芸について調べ始めてすぐに気になった場所★
白くてまあるくて、まるでUFOみたいな建物がふたつ、ひとつはSHOP兼カフェ。
でっかい方が美術館です。


DSC_1718-1.jpg



入る前に注意事項を説明され、靴を脱いで入る。

すごーーーーーい!
初めて見たその空間に( ;∀;) カンドー★

床のちいさな穴から定期的に水滴が生まれ、それがゆるやかに流れ、いくつも集まるとひとつになったり、分裂したり。。。
その周りを取り囲むようにひとが静かに座ったり、寝っ転がったり。
みんな、ただただその動きを見ているだけ。
心地よすぎて寝てる人もいる。
わたしも冷たい床に寝そべり、さっきまで邪魔だと思っていたでっかい荷物を枕にした。
そして、ついさっきまで晴れてたのに、美術館に入った瞬間に雨が降り始めていた。
その雨が、天井の穴から入り込み、床から生まれる水滴と一緒になってアートと化している。
これって、貴重な光景なんじゃないだろうか、そう思ってまた感動★
普段は晴れ女だけど、こんな時は雨に感謝!

わたし、この空間に一日中いられる!
朝から晩まで次々に変わりゆく光景を見守りたい!
でもこの日はあまり時間がなかったから30分だけ寝っ転がってその空間を楽しんだ
時間が足りない(´;ω;`)


意を決して美術館を出ると、やっぱりここにも来てみたかったから♪
Shop兼カフェのある建物へ♪
そこは豊島美術館の模型みたいで素敵。
ひとりで本を読む人、友達と写真を撮り合う人、みんなそれぞれにその空間を楽しんでる。
わたしもホットレモネードをいただき床に座ってぼーっとしてみた。
わくわくする。ここ、ほんとに大好き!


DSC_1706-1.jpg



豊島美術館についてはなんかうまく説明できないし、この感動を伝えるのは難しいので、ぜひ足を運んでみてほしい、ぜひ体験してほしい、とってもとっても素敵な場所です


帰りは唐櫃港まで歩き、フェリーで宇野港まで出て宇野から高松へ、なかなか長い船の旅でした船
高松で相棒ちゃんと合流してうどんを食べ帰路へ
相棒ちゃんも小豆島を楽しんだよう。
瀬戸内はひとも風景もほんとに優しくて素敵な場所だね、また近いうちに来ようね!
夕暮れどきの魅力的な瀬戸内の風景にうっとりしながら瀬戸内の思い出話に花を咲かせつつ東京に向かったのですダッシュ(走り出すさま)


photoshake_1378086136214.jpg



2013年もいい旅がいっぱいできた。
2014年もたくさん旅して飲んで出会ってほっこりできるといいな(*´ω`*)
posted by ぼぼ at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸芸の旅の思い出A

高松での朝、起きると外は土砂降り。。。
(今日から直島なのにどうしよう(・ω・`))


9:15発の高速船に乗りいざ直島船
着いたはいいけどやっぱり土砂降りwww
バイクを借りて直島をまわる予定だったけど、キャンセルして友と一緒にバスの乗り込み家プロジェクト方面へ
と、乗り込んですぐに雨☂がやんだ(・∀・)


DSC_1499-2.jpg



家プロでは、はいしゃ角屋護王神社南寺を鑑賞★
ここはすごいよー!と言われていた南寺はほんとにすごかった(笑)
これは行ってからのお楽しみということで♪


DSC_1515_2.jpg



DSC_1485_2.jpg



友はあまり興味ないというANDO MUSEUMはひとりで♪
地下のまあるい空間が楽しかった!そして光の教会にも行きたくなった!
やっぱり建築って面白いな★←一応建築の勉強もしたことがあるw


DSC_1508.JPG



ランチは古民家風でかわいらしい「あいすなお」さんで♪
暑かったからそうめんセットをいただきました
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370103/37000530/


DSC_1525.JPG



食べ終わって外に出るとまた雨☂がぽつぽつとwww
でも☂のおかげでひとが少なくて、どこもかしこも行列と聞いていたのにほぼ待つことなくサクサクとまわれた、雨に感謝★
ってことで、時間指定チケットを買ってあったけどちょっと早めに地中美術館を目指しました




バスで「つつじ荘」まで行く♪ ←ここが本日のお宿
そこからバスを乗り継ぎ地中美術館へ
その前に黄色いかぼちゃにこんにちは(・∀・)
念願の黄色いかぼちゃ、うれしくて何度も抱きついちゃった♪


DSC_1623_2.jpg



そして地中美術館に到着。
やっぱりここも人が少なくてすぐに入れるとのこと♪


DSC_1545.JPG



まず安藤さん設計の建物と空間がすばらしい!
その空間を歩いているだけで興奮しちゃう。
そしてひとつひとつの作品の魅せ方が秀逸!
作品たちもさぞかし喜んでいるだろうな。
どの作品もすごくよかったのだけど、気に入ったのは「南寺」と同じくジェームズタレルの作品でした。
オープン・フィールド」は「南寺」より感動しちゃった
そして、「オープン・スカイ」はうちにもひと部屋ほしい(笑)
空だって立派な芸術作品なのです
じっくりゆっくり作品を楽しみ、最後は地中カフェで幻想的な瀬戸内の風景を眺めながらほっと一息
なんて幸せな時間(*´ω`*)


DSC_1536.JPG



満喫したところで再びつつじ荘まで戻る。
夜ごはんはを食べに宮浦まで戻るよー!
で、戻った途端に朝と同じどしゃ降りの雨☂がwww
雨のせい?行こうと思ったお店は閉店してる。
仕方がないからレンタバイクのお店で店員さんに教えてもらった「Cin.na.mon(シナモン)」さんへ♪
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370103/37004670/
こちらも古民家な感じ、空間をぜいたくに使っていて、かわいらしい店内。
念願だった直島の地ビール「直島物語」をいただき、雨でびしょ濡れになったことも忘れ楽しい時間♪
ごはんもおいしかったし、店員さんはみんなやさしくてとっても感じのいいお店でした、ありがとう★


Camely_20130901_181624.jpg



そしてこの日最後の目的地、直島銭湯「Iハート(トランプ)」へ♪
最後のフェリーの時間も近づき、人が減ったIハート(トランプ)湯は最終的に貸切状態になり快適★
水道の蛇口のデザインもひとつひとつ違うし、ゾウさんがパオーってしてるの、賑やかなアートは好きなのでそれを見ているだけで楽しかった♪
内部の写真は撮れないので外側だけ★


DSC_1610-2.jpg



銭湯ですっきりして外に出ると人も少なく静か、そうだ、この日で瀬戸芸夏会期が終わったんだ。
夏の終わりみたいでちょっとさみしい。
終バスに乗り込みつつじ荘へ帰る♪
この日はパオに宿泊です。
波の音を聴きながら、ふたりには十分すぎる広さのパオで、朝までぐっすりんこしたのでした。


DSC_1634-1.jpg



パオの中はカラフルでかわいらしかったよ


DSC_1597_2.jpg
posted by ぼぼ at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸芸の旅の思い出@

(夏のはなしです…)
もう何年も憧れていた瀬戸内に念願のサンライズに乗って行ってきました

\サンライズー!/
B寝台個室はこんな感じ、思っていたより広くて大きめの荷物も置けるスペースはあるし、コンセントもあります。


photoshake_1377867943375.jpg



ごろーんって寝っ転がってみたら車窓からの風景を眺めながら缶ビール飲んだりゴロゴロしたり
長年の夢だったので興奮してひとりテンションUP↑↑↑
新横浜から友達が乗り込んできたけど、また明日ね〜!と言っておやすみなさいした。
うどん県に着いてからも早速別行動予定なわたしたち、こりゃほぼひとり旅…(笑)


早起きしてサンライズからサンライズを眺めようと思ったら方向が違うことに気付く前に日は昇っていたwww
サンライズは岡山で出雲と瀬戸に切り離されます。
出雲にもいつか行きたいな〜と思いつつ、今回はどうしても瀬戸に行きたくて。
バイバイ、出雲!


DSC_1126-1.jpg



初めて渡る瀬戸大橋、サンライズから見る瀬戸内の朝の風景はキラキラしててまぶしくて( ;∀;) カンドーシタ☆
欄干が邪魔してなかなかうまく写真は撮れない分は心に焼きつけた。


DSC_1150_2.jpg



夜中に前を走っていた貨物に鹿ちゃんがぶつかったとかで1時間ほと遅れてのうどん県到着だったけど、景色見ては興奮して写真撮ったりしてたからあっという間にそこは高松だった☆


大きい荷物はロッカーに預けて港へ♪


DSC_1196.JPG



まずはめおんに乗って男木島を目指します船


DSC_1188.JPG



めおんは男木島の前に女木島に寄る。
カモメとモアイ像の背中を確認、女木島にも行きたいけど、もっと行きたかった男木島へ♪


DSC_1201.JPG



女木島を出て間もなくするとさんかっけーの男木島が見えてくる▲
そして、港では土人のお迎えが…!笑


photoshake_1377924663684.jpg



時間があんまりないので駆け足でアートを巡る。
まず出迎えてくれるのが「男木島の魂
色んな国の色んな文字が隠れています★


DSC_1351_2.jpg



そして一番観たかった「歩く方舟


Camely_20130831_131049.jpg



男木島と言えばにゃんこ(=^ェ^=)
人懐っこいにゃんこたち♪
「歩く方舟」の手前にいるよ♪


DSC_1241.JPG



そして急な坂の上にある「男木学校
廃校になった学校の中に様々なアートが展示されていて、いちいち楽しくて夢がある★


photoshake_1377922922316.jpg



楽しみにしていた「記憶のボトル
たくさんの人の思い出がつまってる★
これ、好き(*´ω`*)


photoshake_1377922596818.jpg



ここも楽しみだった、「オンバファクトリー
カフェでビールとナッツを頂く♪←時間なくてこれがランチになっちゃった(笑)
幻想的な瀬戸内の風景を見ながら飲んだビール、おいしかったな(*´ω`*)


photoshake_1377923558022.jpg



最後に「光の家」を見たら、港までダッシュ、またまた土人に見送られ高松に戻る
「光の家」は手のひらぐらいの大きさ、とってもちいさいの。


DSC_1345.JPG



なんでこんなに急いでたかって、3時からイサム・ノグチ庭園美術館を予約してたから★ ←事前に往復はがきを送って予約♪
7年前に行ったモエレ沼公園で彼の世界に魅せられ、いつか必ず行こうと決めていた場所。
高松から琴電に乗って牟礼まで行き、そこからちょっと歩いたお山の方に位置するその美術館はなんだか宇宙を思わせる異空間、ものすごいパワーを感じて、彼がアトリエとしていた庭園を見た瞬間にグッときてこっそりと涙した。
こんなの初めて★
訪ねることができて本当によかった (*ノε` )σ


photoshake_1377932737636.jpg



感動を引きづりつつかわいらしい琴電に揺られ高松に戻る♪


photoshake_1377987107090.jpg



高松港のアートを少し観光☆
とってもおどろおどろしかったアラーキー列車はよーく見たら美しかったよ。


photoshake_1377939427370.jpg



こちらも見たかったの、アンパンマン列車!
かわいい!


photoshake_1377939242478.jpg



そしてやっと相棒ちゃんと合流。
高松に来たらこれを食べないと!
一鶴(いっかく)の骨付鳥!


DSC_1467.JPG



おやどりはあごが疲れるのでw、やわらかいひなどりの方がわたしは好みだったよ★
ビールが進む進む!
調子に乗ってもう一軒!←いつものことだけど。
でも早めに帰ろうね、明日は直島だー\(^o^)/
posted by ぼぼ at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸芸の旅

瀬戸内国際芸術祭夏会期の最後の最後に念願の瀬戸内を訪ねました。(もうずいぶん経っちゃったけど…w)
そのときの記録を(*ノε` )σ

【スケジュール】

●初日

東京駅発10時!念願のサンライズ瀬戸に乗り込み瀬戸内を目指す

●2日目

高松に7:27到着 ⇒ 夜中に前を走っていた貨物に鹿ちゃんがぶつかった影響で1時間ほど遅れて到着(笑)

(予定の1本後の)フェリーめおんで男木島船

高松に戻り琴電で牟礼へ移動、イサム・ノグチ庭園美術館鑑賞(事前に往復はがきで見学の予約済み)

高松に戻ったら高松港周辺を軽く見学

相棒ちゃんと合流、高松に来たらここに行っとかないと、一鶴の骨付鳥を食べとかないとっ!かんぱーい!
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000546/

高松泊

●3日目

早朝の高速線で直島を目指す。(高松はどしゃ降り…どうしよ(・ω・`))

直島に着いたら雨がやんだヽ(*´∀`)ノ
でも時々ぱらぱらするので予約しておいたレンタバイクはキャンセル
バスでまわることに
家プロを一通り観たら地中美術館
朝、雨☂が降っていたおかげで人も少なくどこもサクサクと見学できた(・∀・)

宮浦に戻りIハート(トランプ)でスッキリんこ♬(最終の船が出るころに行くと観光客も減りほぼ貸切状態でゆっくりできる☆)

夜ごはん♬直島の地ビールでかんぱーい!

バスでつつじ荘へ♬つつじ荘のパオに泊まりました★

●4日目

ちょっと早起きして黄色いかぼちゃまでお散歩♬

つつじ荘の食堂であさごはん、おばちゃんたちとの会話も弾みおいしくいただきました

午前中は直島を散策♬(相棒ちゃんは別の島に旅立ちました、のちほど高松で合流)

豊島へ移動船

島キッチンでランチ

豊島美術館へ♬ カンドー( ;∀;)

宇野港まわりで高松に戻り相棒ちゃんと合流、うどんを食べて帰路へ
posted by ぼぼ at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。